このブログは98.5%の妄想と1%の希望・・・
                             そして0.5%の現実で出来ています

2011年07月04日

H67チップ rev3には決定的な欠陥

Windows 7のフリーズ問題で悩まれている方へ

とある機能OFFでの回避方法を後程追記でおしらせします。


posted by mewlet at 22:40 | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

GTX460 やっぱりオーバークロック性能凄かった!

どうも、お久しぶりです。

数日前に、ドライバのバージョンアップでDX9の動作がおかしくなって、Radeonにうんざりしてしまったので、MSI N460GTX Cyclone 1GD5/OCを購入しました。

開発側(販売側?)の『OCすると凄いんです!』ってのが気になっていたので色々試してみました。その結果をお伝えします。

【PC構成】
OS:WindowsXP SP3
CPU:C2D E8600 @4Ghz
M/B:ASUS P5E
MEM:UMAX DDR800 1GB*2
VGA:MSI N460GTX Cyclone 1GD5/OC
HDD:普通の7200rpm(320GB+1.5TB*2)
POW:SKYTEC SKP-700PC/V 700W

◆FF14ベンチマーク結果◆※VGAのみ換装比較
HD4870: Hi-2092
GTX460: Hi-2530
└725Mhz/1450Mhz/1800Mhz(3600)/962mV
GTX460 OC-01: Hi-2628
└800Mhz/1600Mhz/2000Mhz(4000)/962mV
GTX460 OC-02: Hi-2755
└850Mhz/1700Mhz/2000Mhz(4000)/1062mV
※電圧設定が上手く反映されてなかった模様
GTX460 OC-03: Hi-3120
└860Mhz/1720Mhz/2150Mhz(4300)/1087mV
※動作も描画も凄く安定

負荷をかけ続けても860Mhzで76℃より上がらず、
ファン回転率は87%で安定。
OC耐性はやっぱり凄かったです。
負荷がかかってない間はかなりクロックを落として
動作するのでこのまま常用できます。

現在、GTX460と同じGF104のGTX475が準備されているとのことです。
もし、GTX460をベースとした上位調整版なのであれば、HD5870はおろかGTX480すら誰でも簡単にできるOCで容易く超えることができそうです。



■MSI Afterburnerの電圧ロックが外せない方へ

最新版の1.6.1(記事投稿現在)とVGAの最新ドライバを入れてみてください。
あとは、ソフト側の設定をいじるだけでロック解除できるようになります。




ここだけの話、FF14βテストではRadeonのカクカク問題を改善するために表示更新回数を落とすというような苦渋の対処をしてきた感じです。
(詳細発表はなくプレイしていて描画が不自然だったので)

よく解らない人はこういうことです・・・
テレビアニメは静止画の連続で作られています。
その静止画が2枚必要なところを1枚にして動きの滑らかさを妥協、コスト削減を図った感じ。

もしこれから、新しくVGA購入・PC組み立て予定の方は、ベンチマークのスコアに騙されず、実プレイで実績があるGeforceを使った方が無難です。
スコアだけ出したいならRadeonを購入してください。

もう一度言います。
実プレイで充実したいならGeforce。
スコアで満足したいならRadeon。

それぞれ目的にあった買いものをしてくださいね。


評価落とすばっかりもなんなので↓
省エネ性能は圧倒的にRadeonの方が上です。
これは間違いないです。
この技術を是非CPUでも生かしていただきたい><
posted by mewlet at 13:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

液晶モニターの規格と保護フィルタの規格

お久しぶりです。
なかなか書けず、大分間が空いてしまいました。

さて、最近ちょっと気になったこと。
それは、液晶モニターの規格と保護フィルタの規格の違い。

パソコン用の液晶モニターは、『ワイド』とするものを、「16:10」という規格で扱ってきました。
ですが、テレパソ・パソコンテレビといった共存が生まれた事から生産過程上の理由から「16:9」にまとめてしまおうという動きがあって、困った事がおこりました。

例えば、24インチワイドの液晶モニターの場合、今までの大きさは『24.1インチ』で、新しい方は『23.6インチ』です。
保護フィルタは、今まで24インチと言えば16:10の大きさだったのですが、この規格変更によって23.6インチを基準としたものが同じ「24インチワイド液晶用」として店頭におかれてしまいました。

「23.6インチ」用が出たことにより、唯一販売のあったIO-DATAも生産を中止し、そちらへ移行してしまい、まだまだ需要の高い「24.1インチ」用のフィルタが店頭から存在を消し、ユーザーが困る事態が起こっています。


さらに困った事に、この「24.1」と「23.6」が同じ「24」の商品として表記されたため、ELECOMから新しく発売された「24インチワイド液晶用」を「24.1」でも使えると間違って買ってしまうユーザーが出てくるかもしれません。
買う前にしっかりと『仕様』のところでサイズを確認しましょう。


今現在、24.1インチワイドの場合は30インチのをカットして使う必要があります。
液晶の保護フィルタを扱っているメーカーさん、ここを見ていたら「24.1」と「23.6」と表記した商品にしてください。
また「24.1」の生産復活を希望します。
タグ:液晶 規格 違い
posted by mewlet at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

次期NvidiaのVGA 300GTのスペック比較

GT300 :512sp(1600MHz)、700/4400MHz(GDDR5)、512-bit

GTX 285:240sp(1476MHz)、648/2484MHz、1GB、512-bit、183W
HD 4890:800sp、850/3900MHz、1GB、 256-bit、60W(アイドル)/190W

どちらかというと、Radeonシリーズに近い設定でしょうか。
元々中身が違うので見た目の数値通りので性能ではないです。
単純に倍くらい速いといこと・・・・なのかな。

今までGDDR3ということで最新の物はちょっと買い控えてましたが、GDDR5を搭載するということであれば興味がかなりあります。

私も含め皆さんの一番興味あるところは、「消費電力」と「価格」と思うので、速く発表されないかなと今からワクワクしてます。
posted by mewlet at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

三菱MDT243WG 24.1インチ液晶モニター

disp1.jpg
三菱MDT243WG

今まで使っていた19インチの液晶モニターに不満があったわけではないです。
ただ、地デジが見たかっただけです。えぇそれだけです。
かといって、今までのと同じ程度のものを買うのも馬鹿げていると思ってので、頑張ってみちゃいました。
最近流行りというか、もう常識?なワイド画面がやっぱりいいな〜と。
DVD見る時もワイドの方が見やすいですしね。

最低限拘った部分はありますよ?
今まで使っていた19インチの高さよりも狭くならないこと。
で、22インチ以上ってことになったんですが、実はもう一点だけ拘った部分があります。
それは、『VAパネル』であることです。これだけは絶対に譲れません。
TNパネルみたいに見る角度で変色なんてのは許せません。

そんなこんなで、22インチ以上でVAパネルで探していった結果、MDT243WGになりました。
本当は、限定3000台のSB(サテンブラック)のが欲しかったんですが、割高だったのでそこは妥協しました。
そんで、近くのビックカメラで購入してお持ち帰りです。(購入後に車で取りに来ました)

ドキドキわくわくのご対面。
ドット欠けないかかなーーーーり心配しましたが、そこはハイエンド。
ドット欠け皆無の美しい液晶面でした。
傷をつけちゃいけないと、24インチ用のフィルター探したけれど、売ってないんですね。
しょうがないので、プラバンっぽいフィルターを購入して嵌め込んで使ってます。
(映り込み激しいので、いずれちゃんとしたの買います)


さてさて、やっぱりグレア(光沢)で有名な三菱モニターですが、今回はノングレア(非光沢)です。
ただ、他のメーカーに比べるとやや艶のあるノングレアなので綺麗です。
それにしても、いいですね。もう言葉にならないくらい満足です。
この液晶を購入して発生したポイントでPSPも手に入りましたし。
言う事無いです。

レビュー?
価格ドットコムに書いたのでそっちを参照してください。
私のHNは、このブログのHNの前にAをつけるとヒントになりますw
是非探してみてください。
posted by mewlet at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

Windows7

2010年とかなんとか聞いてたWindows7が2009年6月3日にリリース決定!

……だそうです。

Windows Vistaもまだ手をつけていないので次のOSが来る。
パソコン環境の要因もあって手をつけれなかったけれど、この機会に表示面と64bitへの挑戦もしてみようと思う。

とりあえず、ワイド液晶をゲットしなければならないのだが、お気に入りのVAパネル搭載品は高い。今のうちから少し貯金して貯めようかと考えている。
加えて、Windows7の新機能で公式発表されているマルチタッチ機能。
これは、タッチパネル機能を搭載しているモニターでないと意味のない機能。
今後、Windows7に合わせてタッチパネル式の液晶が主流になるに違いない。
もしくは、タッチパネル式に改造できるkitが販売されるかもしれない。MSIの小型ノートみたいに。
今買うと、軽く20万円近くするのではなかろうか。

次に64bitへの対応は、いろいろ不透明。如何せん知識がない。
メモリーの増量と、ソフトウェアの対応チェックくらいだろうか。



β版が1月に正式に配布されると告知されているのでヴァーチャル環境で試してみようかな。
なんか、P2Pとかtorrentで流出しているみたいだけれど、ウィルス入りとかが多いのでフライングする人は自己責任で。
posted by mewlet at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

HIS製 Radeon HD4670 IceQ レビュー

久々にパソコンパーツの記事を書いてみる。
巷で大人気につき絶賛売切れ中(PC-DEPOT買占め)のHIS製 Radeon HD4670をPC-DEPOTの特売で買ってみた。

性能的にはRadeon HD4850の劣化版といったところだろうか。
ただ、消費電力もかなり少なく静音性も兼ね備えている為、1万円を切る価格からここまでの人気になったのだろうと思う。

影響が出そうなレビュー環境のパーツ
CPU:Athlon64 X2 5200+ 89W(Cool:Orb Red)
MEM:JetRam 1GB*2 PC6400

さてさて、使い心地のレビューをしてみよう。
カード自体が小さいので大抵のケースで使える。
今回、MicroATXの入るCube型ケースに入れてみたのだが、補助電源も必要なく取り回しが楽だった。
2スロット占有の関係もあって、周辺に挿してあるボードの位置を干渉しないように移動した程度。

早速、インストールを行うべく立ち上げてドライバCDを入れてみたところ、日本語が文字化けを起こしている。アルファベットの部分はそのまま表示されているので見て判ると思うが、言語を英語に変更すればなんと書いてあったのかも判る。
一番上のメニューがXP用で、二番目のメニューがVISTA用になっている。

ドライバのインストールを終えて、難易度の高い不具合が発生。
使用しているモニターやマザーボードにもよるのだろうが、Windowsの「ようこそ」画面の部分で縦縞の表示になって操作不能になる。
もし、同じ状況に陥った人が居たら参考にして欲しい。

どうやらD-Sub 15pinでの接続でのみ発生するようだ。
DVI端子のついているモニターに繋いでみると、正常に表示される。
別のPCのDVI端子のあるモニターでリフレッシュレートと解像度の調整を行い、D-Sub 15pinに繋ぎなおして起動すると正常に表示された。

またこれもモニター次第なのだろうが、60Mhzがちょうど良いみたいだ。

映るようになったので、今度は思いっきり負荷がかかるFEZというゲームでスパルタ運用。
最高設定にしても滑らかに動く。隣で動くHD4870と比べてもそう変わらない。
やはり、DX10を使ったロスプラ最高設定などのウルトラヘビーなゲームでないと性能差は出ないようだ。
元々搭載していたのがGeforce7900GSのXXXだったので、倍くらい軽く感じる。
ゲームプレイ時の発熱は、心配するほどは過熱していない感じだ。
IceQの効果なのかはわからないが、後方排気にしては後方からあまり熱風が出てこない気さへする。
動作音は、気にならない程度というよりは、ケースファンとかCPUファンのほうが煩いくらい。

1つ残念なのは、中身の見えるケースなのでファンが発色してくれたらというところだろうか。まぁ、性能には関係ないところである。



値段的にはお買い得な性能と言えよう。
ただ、次世代のハイスペックを要求するゲームを視野にいれるなら素直にプラス10000円出して9800GTX+やHD4870を購入した方が良いと思う。
あくまで、現存するゲームを高設定で楽しむ為の物の位置づけだ。
posted by mewlet at 09:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

ASUS製ハイエンドマザーボードが超値下げ

【nForce 780i搭載/LGA775対応】
「Striker II Formula」「P5N-T Deluxe」

【AMD 790FX搭載/Socket AM2対応】
「M3A32-MVP DELUXE」

Striker II Formula 19,800〜19,980円(発売時44,970〜45,980円)
P5N-T Deluxe 14,980円(発売時37,243〜38,980円)
M3A32-MVP DELUXE 14,980円(発売時28,999〜31,920円)

今年のQ4〜来年Q1で出てくる次世代CPUを使う予定がなければ、
この次期にこれらを安く手に入れるのも良いかもしれない。

AMDのほうでPhenomを使いたいのでM3A32-MVPはちょっと欲しいところ。






ところでP5EでE8600の4.5Ghz動作が定格・空冷で動いたわけですが・・・
そのあと5.0Ghzに挑戦したら、マザーのセーフ機能が働いてOC出来ない状態に。
どこにロック解除があるんだろ?
5.0Ghzは定格・空冷では無理っぽいです。
posted by mewlet at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

E8600(E0)を買ってみた!

11日に自身初となる45nmのCPU、E8600を購入した。
前評判が良かった事と、性能UPなのに消費電力DOWNというのが気に入った。

早速使ってみようと思ったが、P5EはBIOSでE0ステッピングのCPUをサポートしない。
対応させる為には、公式に発表されているものの、公開されていないBIOS-0901に変更する必要がある。

ただ、温度測定が出来ないだけでunknownとして起動は可能。

先ほど、台湾FTPサーバーを覗いてみたら0903という最新版が置いてあった。
家に帰り次第試してみたいと思う。

P5E - BIOS 0903(0901?)
ftp://ftp.asus.com.tw/pub/ASUS/mb/socket775/P5E/
posted by mewlet at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

サーバー復旧

家の回線を変更してから長い事止まっていたサーバーを復旧。

http://mewlet.com/

ただし、パソコン本体がちょっと老朽化してるのでいつ止まるかは不明。
早めに対策を立てたいところ。(難関は金銭的な問題)
とりあえず、テスト動作したいものが貯まってたので一安心。
posted by mewlet at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

GTX260/GTX280の55nm(G200b)版は無いかもしれない

既に見られている人もいるのでは?というところですが、GTX300シリーズの情報が上がってきましたね。
45nmプロセスでのウルトライハイエンドということで、HD4870X2に対抗意識をギンギンにさせてる感じ。

9800GTX+次第だけれども、結果が乏しければGTX200シリーズの55nm化も流れて一気に45nmに移行しそう。
45nmで作れるなら55nmにする意味は無いし、55nmの開発に時間を回す分を45nmに回した方が効率的でもある。

ただ、現段階のある意味で負けっぱなしの状態であと半年耐えれるのかというと微妙なところで、価格を下げての在庫処分で損失軽減になるんじゃないかと思われる。

なんだかんだで、先走りとライバルの想定外の一撃に焦って失敗した感じが、Nvidiaと消費者の脳裏に焼きついてしまっただろう。
タグ:300 G200b G300 280 260 GTX
posted by mewlet at 12:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

勢いで購入したので HD4870のレビュー

昨日は、給料日だったので近くのパソコン店で道草。
そうです、普通のリーマンですよ?w

で、たまたまPowerColor製のHD4870を発見。
HD4850は、1メーカー2個ずつくらい計7個。

HD4870は、1個しかなかったのでかなーーーり悩んだ。
値段は38800円+10%ポイント還元。(実質34920円)

手持ちが無いので、近くのATMで5万円ほど下ろして、
それでもお店に戻るほどの購買意欲が持てず、ふらりとパチンコ店に。
自ら打つわけでもなく、ホール内をぼ〜〜っと周遊してるだけ。
2時間くらい入り浸ってたと思います。(ほんと邪魔な客でゴメン)

とある人が打ってる台で歩みを止めて、『そうだ、この人が100回転以内に当たり引いたら』なんて勝手に運命を委ねてみたものの、その時の回転数はすでに80回転くらい。
でもヤッてくれたよ!マジやっちゃったよ!
91回転目に確変大当たり!!

ということで、お金を握りしめてお店に戻った時には20:45。
なのに、またお店で10分程悩む。
さらに、メイン機のエアフローを改善しようと思ってたので、
発生するポイントで購入するファンを選ぶのに15分。

もう男の買い物とは思えないような優柔不断っぷり。
なんだかんだで、家についたのは9時半。

そっから、換装作業を行った。

続きを読む
posted by mewlet at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

GeForce9800GTX+(プラス) 価格改定で発売前に終了

7月16日に発売予定のGeForce9800GTX+(プラス)は30000円とのこと。
GTX260の価格が値下げで2万円台まで下がってくるという話がけっこう巷で流れてしまっていて、性能で劣ることから発売前に終了フラグが立ってしまった。

買おうと思っていた人は注意が必要だ。

今現在、HD4870の店頭在庫がちらほら見られるようなので、こちらを狙った方が得策かもしれない。
新宿ビックカメラでは、店頭在庫が35800円+10%ポイント還元だったとのこと。
posted by mewlet at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

GTX260 早くも4万円切りでNvidia施策にショップが悲鳴

前記事でも書いたパートナー価格の値下げが、早くも小売価格に影響しだしている。
発売当初は、50000円台半ばで売られていたGTX260が既に30000円台後半で売られている。
実に2万円近い値下がりだ。

発注をかけるべきか、かけぬべきかでショップは困惑している。
かといって、注目商品の品揃えが悪ければ客足は遠のく。

この調子ならGTX280が5万円を切るのもそう遠くないだろう。
ショップや既に購入した人から悲鳴が聞こえてくるようだ。
posted by mewlet at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

IntelのCPU価格改定は早ければ7月20日に・・・

以前から話のあったIntelのCPUの価格改定。

どうやら正式に目処がたったようで、早ければ7月20日。
遅くとも8月10日になるようだ。

改定される価格は、今現在の価格が1ランクずつ下がる感じで、
さらに上位版等が追加される。

[追加CPU]
------------------ 2 Core ------------------
E8600 3.33GHz 1333MHz 6MB $266
E7300 2.66GHz 1066MHz 3MB $133
------------------ 4 Core ------------------
Q9650 3.00GHz 1333MHz 12MB $530
Q9400 2.66GHz 1333MHz 6MB $266

[改定CPU]
------------------ 2 Core ------------------
E8500 3.16GHz 1333MHz 6MB $266 → $183
E8400 3.00GHz 1333MHz 6MB $183 → $163
E7200 2.53GHz 1066MHz 3MB $133 → $113
------------------ 4 Core ------------------
Q9550 2.83GHz 1333MHz 12MB $530 → $316
Q6600 2.40GHz 1066MHz 8MB $224 → $203

[終了CPU]
------------------ 2 Core ------------------
E8300 2.83GHz 1333MHz 6MB
------------------ 4 Core ------------------
Q9450 2.66GHz 1333MHz 12MB
Q9300 2.50GHz 1333MHz 6MB
Q6700 2.66GHz 1066MHz 8MB

45nmプロセスのCPUへの変更時と考える。
オクタコアのネハーレンはマザーボードも変わるので、
しばらく様子見が吉。
posted by mewlet at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Nvidia株 急降下 GTX260/GTX280はさらに値下げ!

Nvidiaがさらなる値下げを公表した。

9800 GTX: $299〜$349 → $199 → $165
GTX 260: $399 → $329 → $222
GTX 280: $649 → $499 → $392

やはりパートナーへの値下げであって小売価格ではないので、
しばらくは定価は変わらない。
ただ、現在庫が捌けて新在庫のみになれば定価も下がるだろう。

さて、新価格で見ると・・・日本での最終的な販売価格は、
9800GTXは、20000円弱〜23000円
GTX260は、28000円〜30000円
GTX280は、45000円前後
と、なんともリーズナブルな価格になる。

これに加えて、先日もお伝えしたように55nm化やGDDR5、DX10.1への
対応もあるので、今は様子見をする時期になった。

HD4800シリーズでは、SuperRV770やHD4870x2も投入が予定されていて、
その対応策としてNvidiaはGTX280の上を行くものを用意しているとか。


今回のATI(AMD)の大躍進はNvidiaやその株主にかなりのダメージとなった。
posted by mewlet at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

【UMPC】MSIのWindは即日完売

前々からいろんなメーカーから準備され発売が開始されているUMPCですが、
スペック表の発表から特に注目を浴びていたMSIのWindが本日発売。

どのショップでも既に予約完売になっていて、急遽MSIのスタッフが持ち込みで追加していったがそれも即完売・・・・になるだろう。

出回る数が200台程度ということなので、地方でも有効在庫は無さそうだ。
次回入荷はいつになるのだろうか。
posted by mewlet at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

nvidia 動く! GTX260/GTX280値下げへ

前記事で巻き返しを期待をしていたところ、やっぱり動いてくれた。

卸値でGTX260は$30、GTX280は$90の値下げを発表!

ただ、この値下げは卸値であって小売価格の値下げではない。
HD4800シリーズがnvidiaの予想以上の好評ぶりで、GTX200シリーズの売上が予想を大きく下回ったことが要因。
9800GTXの大幅な小売価格の値下げで近辺のシリーズの在庫を大量に保有していたショップが被害を受けた事から、今回は『卸値』の調整に留まった。

ただ、卸値が下がったところで小売価格がすぐに下がるというわけでもなく、売上の増加には繋がらないのでnvidiaの思惑は空振り終わりそうだ。
結局は、小売価格も下がりショップが被害を受ける形となるだろう。


それにしてもHD4870はすごいですね。
Radeon9000台とGeForce5000台の時のいろんな意味での熱い戦いが蘇った気がします。
posted by mewlet at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

HD4870のOC版が7月半ばに登場するらしい

出たばっかりで超人気のHD4870ですが、さっそくOC版が出るそうだ。
各メーカーがリファレンスで用意してくるとのこと。

一部メーカーでは、水冷仕様になるようで、値段がちょっと心配だが、
性能的にはGTX260を圧倒するとこどころか、メモリバンド幅でGTX280すら凌駕するという。

GTX280の138.37GB/sに対してOC版のSuper RV770では150GB/sを超える。

どうやら、GDDR5の保有量もかなり余裕がありそうな感じなので7月一杯でHD4870自体の流通量は安定すると見て取れる。

となれば、ノーマル版の35000〜40000円に対して、空冷仕様で38000〜45000円、水冷仕様で45000円前後で出てくると皆が買いやすいだろう。


このOC版は7月半ばには手にすることができるようだ。
ちょっと待ってみようかなと思い始める今日この頃。
posted by mewlet at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

驚くべきはその性能! HD4870 ついに発売!

期待の下についにRadeon HD4870が発売された!
価格は、現在が品薄の影響か実売価格は42000円前後。
ただ、すぐに在庫が潤うようなので取り急ぎほしい人以外は
少し待った方が良いだろう。

ちなみに確実に言える事がある。
既に店員さんからベンダーへ問い合わせてもらった結果なのだが、
ビックカメラから予約してもらえれば、35800円(さらに10%ポイント還元)
で在庫さへあれば1週間以内に渡すことが出来るという。
早めにかつ安価で手に入れたい方はすぐに予約しにいこう!

対象商品は、既に登録のあるサファイア製のみ。
他メーカーは不明とのこと。


さて、このHD4870はいったいどれだけの力を秘めているのかというところ。
下記ページでは既にレビュー詳細が掲載されていた。
http://www.4gamer.net/games/045/G004578/20080629001/

見た感じ、完全にGeForce GTX260 を超える性能になっている。
また、CF(クロスファイア)であれば4850でもGTX280を超えるという。
消費電力差はCFしたとしてもややHD4800シリーズのほうが優秀だろう。

予想以上に優秀な性能だったので驚くばかりだが、今後nvidiaがどう巻き返してくるか、また楽しみである。
posted by mewlet at 13:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。